忍者ブログ




そう。 あれは、牛だった。 完全にね。
[219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今まであまり外に出る事がなかったのですが、
この前ボサールに誘われて谷六で行われたヘアカットショーというものに行ってきました。
おしゃれな美容室の若手が場所を借りて、ショーをするとのこと。
初めての経験なので、少し楽しみだった。

面倒くさいので、結論からいいます。
あんなおもしろくないショーを見たのは生まれて初めてです。
今すぐ1000円返して欲しいです。
その足で僕はTUTAYAにCD5枚借りに行きたい。

ショーというものを理解出来ていない。

箇条書きで問題点をかくと
・コンセプト、テーマが全くわからない
・モデルが素人
・リズムが単調
・座席管理
・完全なる身内乗り など

音楽と雰囲気とモデルと主役のヘアが全て中途半端。
本人はシュールがテーマと言ってたが、
んなもんシュールでもなんでもないわ。
シュールなんて言葉簡単に使わないで欲しい。
僕の中で、一番難しいテーマと思っているのに。

モデルに関しては、ショーの間に友達を見つけたかなにかでニコニコしてるし、
挙げ句の果てにカメラにピースしやがった。
モデルがお店の顧客か、友達なのか知らんけど、責任感もないただのド素人。

ショーというのに、客席側にケツを向けてカットする。
照明が悪く、せっかくの髪型が見えにくい。
音楽(民族楽器をつかった)との関連がない。
パフォーマンスもなく、ただひたすら髪を切っているだけ。

最終的にショーが終わり、挨拶があるがそこでの喋りもダラダラしゃべり
カットした髪型のコメントは無く、言った感想が
「シュールがテーマです」
「街を歩いていたらかっこいいと思われるようなカットをしました。」
「街でかっこいい髪型を見た人は教えて下さい」


楽しませる工夫もなく、ただライブ的に髪を切っていることを見せるのが
ヘアカットショーというのなら、美容室に行くだけで見えるわ。
雑誌が置かれているだけ美容室の方が楽しいです。

お金をもらうのなら、最低限の責任を持って欲しい。


身内乗りのママゴトなら家でお願いします。


今の気持ち

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダーさん
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事 様
わたし
HN:
うしさん
性別:
男性
自己紹介:
ヨロイを身につけたい。
なんか最近そう思った。
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]